東北大学大学院工学研究科 土木工学専攻 *
*


研究者紹介

*

氏名

山本 剛大 (やまもと たけき)
私の情報は別フォーマットのページにもあります.
*

職名

助教
*

学位

博士(工学)
*

専門分野

計算力学 材料力学 構造工学
*

卒業

横浜国立大学 [2012(平成24)]
*

修了

横浜国立大学 大学院環境情報学府 博士課程後期 [2017(平成29)]
*

電子メイル

email
*

電話

022-795-7440
*

ファクス

022-785-7441
*

研究内容

構造要素を用いた数値解析手法の開発
有限要素法にもとづくモデル化手法の構築
*

業績

【査読付学術雑誌掲載論文】

  1. Yamamoto, T., Yamada, T., Matsui, K., Numerical procedure to couple shell to solid elements by using Nitsche's method, Computational Mechanics, 2018 (in press).
    ( DOI: 10.1007/s00466-018-1585-6 )
  2. 山本剛大, 山田貴博, 松井和己, Nitsche法を用いたシェル要素とソリッド要素の接合, 土木学会論文集A2(応用力学), 73 (2), I_177–I_187, 2017.
    ( DOI: 10.2208/jscejam.73.I_177 )
  3. Yamamoto, T., Yamada, T., Matsui, K., A quadrilateral shell element with degree of freedom to represent thickness–stretch, Computational Mechanics, 59, 625–646, 2017.
    ( DOI: 10.1007/s00466-016-1364-1 )
  4. 山本剛大, 山田貴博, 松井和己, 板厚変化を考慮したシェル要素の開発, 日本計算工学会論文集, No. 20150004, 2015.
    【平成27年度 日本計算工学会 論文奨励賞 受賞】
    ( DOI: 10.11421/jsces.2015.20150004 )

【査読付国際会議プロシーディング】

  1. Yamamoto, T., Yamada, T., Matsui, K., A New Beam Element Considering Thickness Change, The 3rd International Symposium on Engineering, Energy, and Environment, 400–405, 2013.

【受賞】

  1. 平成29年度 建設工学研究奨励賞, 建設工学研究振興会, 2018.
  2. 平成29年度 日本計算工学会 博士論文賞, 日本計算工学会, 2018.
  3. JSCESスカラーシップアワード(2017年度), 日本計算工学会, 2017.
  4. 平成27年度 日本計算工学会 論文奨励賞, 日本計算工学会, 2016.
  5. 2011年度 日本機械学会 畠山賞, 日本機械学会, 2012.

研究紹介TOPにもどる
構造強度学研究室