橋梁と鋼構造




お知らせ

期末試験の採点が終わりました. 返却するので研究室前の廊下(返却BOX)もしくは 斉木まで. 写真はすべて返却BOXにあります.

55点以上59点以下の者は以下の課題に対するレポートを提出することで 60点となる可能性がある. 締切は2/6とする.

課題

道路橋示方書に従いスパン30mの1径間単純支持された3主桁橋を設計したい. ただし,B活荷重を適用すること.

(a) 耳桁に作用する活荷重による単位長さ当たりの荷重 q1, q2 (q1>q2)を求めよ.ただし,1-0法を用いてよい.求める過程も詳細に記述すること. 主桁間隔は2m,耳桁からの床版の張出は1mとする

(b) 支点から10mの位置の耳桁に作用する活荷重による曲げモーメントの最大値を求めよ.

写真コンテスト結果

1位:赤と青(7票)


2位:上から目線で見る澱橋(4票)


資料など

国土交通省の道路技術基準の体系- 道路技術分野(橋梁) から入手できる通達「橋、高架の道路等の技術基準の改定について」 をダウンロードして適宜利用してください.

道路構造令については国土交通省の 道路技術基準の体系 から参照することができます.